内装解体

内装解体の工事方法は2種類あります。

【スケルトン工事】
建物以外のものを解体し、コンクリートの打ちっぱなし状態までリセットする。

【原状回復工事】
オフィスや店舗を明け渡すために、借りた時の状態に戻す。

当社では、目的やお客様のご要望に合わせて、最適な工事方法をご提案いたします。
また、床・天井といった住宅の部分的な解体工事も承っておりますので、工事の規模に関わらずまずはお気軽にご相談ください。

 

■内装解体のポイント

○分離発注でコストを削減
内装解体工事はリフォーム業者でも対応できますが、リフォーム業者に依頼する場合、その業者が下請けの解体業者へ外注することがほとんどのため、中間マージンといった余計な費用が発生します。
ですので、解体工事だけを切り離し、解体工事専門の業者に依頼することで、費用を抑えることが可能◎

○工事範囲を減らしてコストを削減
内装解体の見積りを行う際には、解体する建物の管理会社の方に立ち会ってもらいましょう。
状態の良いものは残しておくなど、解体する箇所を減らすことで、解体費用を安くすることできます。
次のテナントが決まりやすくなるよう、解体する範囲を明確にすることが重要です。

○一部分だけの解体工事
当社では、内装の全解体だけでなく、部分的な解体工事にも対応しております。
工事の大小問わず、まずはお気軽にご相談ください。

【代表直通】090-2205-0150
【事務所】042-396-5852
【営業時間】9:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】東村山市を中心とした東京都近郊エリア

一覧ページに戻る